SMCグループトップ / PDCA成長塾 / 強運会計士の独立開業失敗日記-4
メールマガジンの登録はこちら


 

 一般的に素直な人とは「口答えをせず、何でも素直にハイと返事をする人」と思われています。私は全く違います。返事だけ「ハイ」と言って、その後、何もせず知らん顔の人間を本当に多く見てきました。「○○という本はとても良いよ。」「○○のセミナーは最高だよ。」と勧めると、「ハイ、わかりました。」ととっても良い返事をしたにもかかわらず、次に会った時に話をしてみると本は読んでいない、セミナーにも参加する気がないという人は本当に多いですね。

 私はこのような人には次に決してアドバイスすることはしません。付き合うことも避けます。このような人を世間では素直と言っているようですが、私は行動をとった人だけが素直だと思っています。私が勧めたときには「え~、そんな本読むんですか?」と言いながらも、実際に本を読む人の方が「ハイ、」と言って読まない人より、余程素直だと思っています。私が勧めたときの反応なんか関係ないのです。何と言おうが行動するかどうかが大切なのです。
 世の中の殆どの人が言葉だけで素直かどうかを決めます。だから、真実の人間を見抜けないのです。口で何と言おうが行動を見ればすぐその人の本質がわかってしまいます。

教訓17:何でも素直に即行動しましょう。