相続税 | 東濃地区の相続相談ならSMC税理士法人|分かるまでご説明いたします

専門用語使わない相続税の相談窓口

  • 相続税申告30年の税理士が直接対応
  • 相談窓口を一本化、全ての手続きを1ヵ所で
  • トラブルを防ぐ「準備」のお手伝い

相続の際は財産3,600万円以上なら税理士が必要です

相続がある(親族がなくなる)と相続人は、税務署に対して相続税の申告と納税を行わなければならないという義務があります。
この申告は亡くなったことを知った日の翌日から計算して10か月以内と決められています。

財産3,600万円以下でもご相談下さい!

相続が起きるでも

銭

財産総額が分からなくて
相続税申告が必要か分からない

墓

自分が亡くなった時の為に
お墓とか買った方が良いの?

屋

子どもに障碍がある
先の事を考えるとどうすれば良いのか

相続が起きたでも

揉

遺産分割で揉めてしまった
何かアドバイスが欲しい

税

以前に相続を済ませたが
税務調査が来ることになった

図

親族が急に亡くなってしまい
何から手を付ければ良いか分からない

SMC税理士法人は名古屋を本社として、岐阜県多治見市・中津川市に事務所がございます。相続が発生してお困りのお客様に対し、地域密着をモットーに安心した相談サービスをご提供しております。 相続税申告についてあなたが不安に思っていることをまずは相談してみませんか? 初回の面談相談は無料となっております。簡単ではありますが、相続税シミュレーションも行い、わかりやすく説明させていただきます。まずはご相談ください。

専門家に依頼するべきか分からない方はこちら

相続税が必要なのか診断出来る

"初回無料相続相談"
税理士丁寧に対応!


  • 一軒家があるけど財産はどう分ければ…
  • 相続の手続きは自分で出来るの?

分かるまでご説明いたします!

相続は事前の"対策"安くなる税金です

非課税制度を使用する

8,000万円の相続を行う場合の例

生前対策なし

3,500万円生前対策

課税財産8,000万円4,500万円
相続税330万円なし

3,500万円の生前対策で330万円節税


生前の相続準備では様々な非課税制度を使用することが出来ます。非課税制度はその時点での節税効果だけではなく相続税への節税効果も大きくなります。
例えば住宅取得資金等贈与や生命保険、特例制度の使用で大幅な節税が可能ですが、頻繁な改正がある上に相続が発生してしまうと利用できないので税理士へご相談ください。

※2021年8月に相続人を3人に仮定を置いて試算しています。相続人の人数や資産状況に応じて節税額が異なる場合があります。

相続税申告料金

遺産総額目安報酬金額(税込)
4,000万円220,000円
5,000万円275,000円
1億550,000円
1億5,000万円825,000円

※複雑な地形、遠方の土地等の場合は、別途調査費を負担いただく場合があります
※その他財産にかかる加算料金はお見積もりいたします
※遺産分割協議書作成、名義変更手続き、延納・物納・納税猶予検討には別途費用が発生します
※上記のほか、謄本・公図等申請費用などの手続きに必要な実費をご負担いただきます

生前対策の方はお早めに!

お客様に応じて相続税を安くするため、トラブルを回避するための様々な生前の相続税対策をご提案します。特に遺言書を考えているお客様には欠かせないものとなっております。

110,000円~(税込)※

シミュレーション

全国対応

※遺言書作成を同時にお申込む場合、遺言作成報酬額から5万円をお値引きします

無料でお見積りをご希望の方はこちら

現在の状況をヒアリングして無料お見積り

"初回無料相続相談"
税理士丁寧に対応!


  • 生前対策でどれだけ節税できるの?
  • 不動産が多くてよく分からない…

分かるまでご説明いたします!

SMC税理士法人の相続税申告

税理士が直接対応

相続専門税理士


相続専門の税理士が直接対応、払わなくて良い相続税を払わない様に対策を行います。

ひとつの窓口で

相続の問題何でも解決


不動産の名義変更や親族で揉めてしまった場合も窓口や相談先を変えることなく解決できます。

税務署と戦える

税務調査に強い


税務調査が来づらい申告を行います、もし来てしまった場合も余分な税金を払わない様に戦います。

遺産分割時揉めないために

相続人が必ずもらえる財産

最低限の遺産取得権利

遺産を貰う割合

内訳

配偶者のみ1/21/2
配偶者と子配偶者に1/2、子どもに1/2
配偶者と父母配偶者に2/3、父母に1/3
子どものみ人数で等分
父母のみ1/3

親族等には遺産を貰う権利があります


親族等の相続人には、遺産の何割を取得する権利があると法律で定められています。 例えば遺言書で誰に財産をどの位渡すのか指定していても、それが定められた割合以下でそれに納得できない親族が居れば争いが起こってしまいます。もちろん取得権利の放棄も可能です。
生前の意思表示が無い場合は、より争いがおこりやすくなります。

※最低限の遺産取得権利を遺留分、遺留分が侵害された場合に他の相続人に不足分を請求する事を遺留分侵害額請求権といいます。

遺言書作成サポート

遺言書作成プラン報酬金額(税込)
相続人が1人かつ不動産をお持ちでない、遺言内容がシンプルな方向けのプラン110,000円
相続人が複数人で不動産をお持ちの相続税が発生する方向けのプラン220,000円
ご夫婦で遺言内容を検討したい方向けのプラン385,000円
当窓口で作成頂いた遺言書の書き直しをしたい方向けのプラン110,000円

※全プラン証人の立会い報酬を含みます
※シンプル遺言書作成プラン・オーダーメイド遺言書作成プランでは、ご親族と当窓口を遺言執行者に指定していただきます
※公証人役場へと支払う公証人手数料、想定相続人調査に伴う戸籍収集費用の実費はプラン料金に含まれません。別途料金が発生します

障碍のある子への相続は後見制度で

後見制度とは財産管理権限を代理人に行ってもらう制度のことです。障碍がある子どもが将来に不安なく生活出来る様にするためだけではなく、ご本人が痴呆症等に掛かって判断能力を失ってしまった時の備えとしても利用が可能です。

165,000円~(税込)※

親なき後にそなえて

初回相談無料

※上記金額は最低報酬です。遺産額によって異なる場合があります
※公正証書の作成が必要になるため、別途作成の実費がかかります
※相続税の申告報酬、不動産の名義変更手数料は別途発生します

障碍のある子への相続が心配な方はこちら

障碍のある子の親なき後をサポート

"初回無料相続相談"
税理士丁寧に対応!


  • 自分が痴呆症になってしまったら…
  • 遺された子が生活していけるか心配

分かるまでご説明いたします!

お問い合わせ

オンライン相談

オンライン相談 受付中 詳しくはコチラ

税理士切り替えをお考えの方 こちらをクリック