TOP>経営のヒケツ>資金繰りを改善し会社にお金を残す秘訣

資金繰りを改善し会社にお金を残す秘訣

2019年11月17日

  • 経営

「資金繰り」という言葉を聞いてどう感じますか?
「難しそう」「取っ付きにくい」「楽しそう」「興味津々」等、色々な感じ方があると思いますが、会社経営において「資金繰り」ほど大事なことはありません。

会社経営は「資金繰りがすべて」と言っても過言ではありません。
どんな高尚な経営理念を掲げようとも、どんな高い目標を設定したとしても、お金がなければ何も実現できません。仕入れもできませんし、人を採用することもできません。様々な経費を使うことも、設備投資も借入返済も何もできないのです。
更には経営者が自分の役員報酬すら満足にもらえないこともあるのです。

「資金繰り」さえしっかりしておけば、経営はうまくいくのです。繰り返しますが、会社経営は「お金」がすべてなのです。

それでは企業はどのような原因で倒産するのでしょうか。

企業が倒産・廃業に追い込まれる理由は、唯一「お金が無くなるから」です。
企業でお金が無くなるということは、人間で言えば、「心臓が止まる」「体を流れる血液がなくなる」に等しいのです。裏を返せば、たとえ赤字が続いても、お金さえあれば、資金繰りさえうまくいけば、企業はいつまでも生き続けることが出来るのです。

日本には1000年企業が十数社、100年企業が2万社以上も存在します。
これらの企業はお金を常に潤沢に持っていたからです。
経営者は「お金が無くならないようにすること」、そして「もっと積極的にお金を増やすこと」を、最大の経営課題にしなければなりません。

黒字倒産が一番怖い!

「決算ではそこそこ利益が出ているのに、なぜか手元にお金がない。資金がショートしてしまう。どうしてだろう?」
「経費を削る努力をしているのにお金が無い・・・なんでだろう?」

そんな話をよく経営者の方からお聞きします。これこそ「資金繰り」のキホンがわかっていないときに出る言葉です。

会社は利益を上げる活動、つまり営利活動を行っていますが、収益・費用の計上と資金の入金・出金のタイミングは必ずしも一致しているとはいえません。

例えば、現金で1,000円で買った商品を、1,200円で「掛け」で販売したとします。
利益は
 売上高1,200円 - 売上原価1,000円 = 売上総利益 200円
ですね?

ところが現金の収支は、掛け売上のため売上時には収入がまったく無く、商品仕入により手元の現金が1,000円減ってしまっている状態です。

利益は200円出ているのに、すでに資金が1,000円マイナスです。
これを回避するためには、売掛金1,200円の早期回収を行ったり、商品仕入のための借入をしたりすることにより、「資金繰り」は改善されます。

ホントに怖いのは黒字倒産です。利益は上がっているのに「資金繰り」がうまくいかず、倒産してしまった企業は数多くあります。
実際に2018年に倒産・廃業した会社の中で、黒字にも関わらす倒産・廃業した企業は、なんと47.7%も占めています。つまり、倒産・廃業した企業の約半分が、黒字で会社が消滅しているのです。倒産の理由には、後継者がいないなどもありますが、一番は「資金繰り」が悪くなってお金がなくなったことです。

次回のコラムでは、資金繰りを良くする方法をお伝えしていきましょう。

PROFILE

曽根 康正

曽根 康正

SMCグループ代表、1959年(昭和34年6月8日)に岐阜県多治見市で生まれる。 「社外重役の立場から専門能力を発揮し中小企業を支援する」 というグループ経営目標のもと、東海エリアにおいてNo.1の会計事務所を目指す。

関連記事

お問い合わせ

オンライン相談

オンライン相談 受付中 詳しくはコチラ

税理士切り替えをお考えの方 こちらをクリック