TOP>経営のヒケツ>ドラッカーが提唱する利益の5つの役割

ドラッカーが提唱する利益の5つの役割

2020年01月12日

  • 経営

前回のコラムに引き続き、「利益とは何か?」を深く考えてみましょう。
これを真剣に考えることによって、利益の重要性が分かり、利益を増やさないといけないことに気づいていただけると思います。

今回は偉大な経営学者のドラッカーが提唱する利益の5つの役割について見ていきましょう。解説は曽根流の考え方が入っていることを事前にお伝えしておきますね。

1、お客様満足のバロメーター

ドラッカーは企業活動の目的は「顧客の創造」であると言っています。お客様を創造して、満足していただければ、売上が増えて利益も増えるはずです。それなのに「うちは売上をあえて増やさなくて現状維持で良い」という中小企業の三流アホ経営者がいます。これは売上を増やすことができない三流会社の犬の遠吠えです。

お客様が満足していれば、いやでも売上も利益も必ず増えるはずです。言い換えれば、利益の大きさは、どれだけのお客様を創造し、どれだけのお客様に満足をしていただいたのかを計る「ものさし」として使えるということです。つまり、売上・利益はお客様満足の結果の数値なのです。

もし赤字が出ていれば、それは単に収益より経費が多くて赤字になっている以外に、お客様が満足していない証拠なのです。つまり利益が出れば出るほどお客様が満足をしていて、赤字が大きければ大きいほどお客様が不満足ということになります。したがって利益はお客様満足のバロメーターということが言えるのです。

2、事業の有効性と健全性を計る物差し

利益は企業にとって、その事業がお客様にとって価値があるか(有効であるか)、しっかり儲かる仕組みになっているか(健全であるか)を判断する基準となります。利益が大きければ、その事業はお客様にとって価値があることになり、しっかり儲かる仕組みになっています。

一方、利益が小さかったり、赤字が出たりしているのであれば、その事業は有効ではなく、不健全ということです。つまり単に赤字というだけではなく、その事業自体がお客様にとってあまり価値がないことであり、儲かる仕組みになっていないということなのです。

対策を講じても赤字が続くようであれば、その事業の撤退も検討する必要があるでしょう。つまり、利益は事業の有効性と健全性を計る物差しとなるのです。

3、将来のリスクへの備え

私はこの項目が最も重要だと思っています。現在、出ている利益は将来のリスクに対する備えであり、未来の費用なのです。現在の利益、つまりキャッシュを貯蓄しておけば、危機に瀕したとき(例えば売上が激減した、災害で損失が出た等)に使うことができます。その蓄えがない会社は、売上減や災害で潰れてしまうことになってしまいます。

厳しい言い方になりますが、企業は売上減や災害等で倒産するのではなく、利益・キャッシュの蓄積がないために倒産するのです。

あなたの会社は、売上がゼロの月が何カ月続くとキャッシュがショートしますか?ショートしない期間が長ければ長いほど、将来へのリスクの備えがあることになります。

貸借対照表の右下の純資産にある利益は、会社設立以来の利益の合計です。そして、貸借対照表の左上にあるキャッシュも過去からの蓄積です。

現在、会社が様々な活動ができるのも、過去の経営者や社員の方々が残してくれた利益があり、キャッシュがあるからなのです。
現在の経営者と社員だけの努力でできたものではありません。ですから我々も、後継者や将来の社員のために、可能な限り多くの利益・キャッシュを残しておく必要があるのです。そして将来の会社が出会うかもしれないリスクに対応できるようにしておきましょう。

利益・キャッシュが多くあれば、未来のリスクを軽減することが出来るのです。

ドラッカーが提唱する利益の5つの役割。残りの2つの役割は、次回のコラムで紹介します。
お楽しみに。

PROFILE

曽根 康正

曽根 康正

SMCグループ代表、1959年(昭和34年6月8日)に岐阜県多治見市で生まれる。 「社外重役の立場から専門能力を発揮し中小企業を支援する」 というグループ経営目標のもと、東海エリアにおいてNo.1の会計事務所を目指す。

関連記事

お問い合わせ

オンライン相談

オンライン相談 受付中 詳しくはコチラ

税理士切り替えをお考えの方 こちらをクリック