生前にできること

例えば、財産がお金だけではなく、自宅などの不動産がある場合には、簡単に分けることができません。そこに、遺された家族それぞれの事情や経緯がからむと、思ってもいなかったトラブルにつながるケースは意外に身近なことです。

大切なご家族の幸せのために、トラブルを回避し、「相続」が「争続」になることを防ぐために力を発揮するのが、任意後見契約や遺言などの公正証書による事前対策です。

私たち「日本相続知財センター名古屋駅前」は、お客さまの望む相続の実現に向けて、元気な今のうちからできる具体的な対策やプランについてサポートしてまいります。

相続→争続

相続対策

「うちはみんな仲がいいし、相続する財産も少ないから、相続で揉めることなんて心配ない」と思っていませんか?
一般の家庭でも、相続が起こると様々な原因でトラブルに発展することがあります。

たとえば

  • 財産がお金だけではなく、自宅などの不動産がある場合には、簡単に分けることが出来ません。
  • 介護や生前贈与があると、法定相続分に分けるということも行かなくなることもあります。

お互いを思いやることで回避できることかもしれませんが、それぞれの事情や経緯で「争族」につながることもあります。相続による揉め事から、大切な家族の絆が失われないように、事前に相続について考えてみることも大切です。

家族との話し合い

円満に円滑に相続を迎えるには家族との話し合いが一番大切になります。
相続において、実際に苦労することになる、相続を受ける立場になって考えることで、財産を遺す人にとっても最善の対策が立てることが出来ます。
相続は残す人と受ける人の様々なことが関係します。しかし、相続が発生してからでは一方の当事者が亡くなってしまいますので、生前から話し合い、出来れば文章で家族へのメッセージを残すことが最善の対策になります。

話し合うこと<財産を遺す人を中心とした、家族の生活や現在の状況、将来への考え方>

Copyright © 2017 日本相続知財センター All rights reserved.

メニュー